邂逅倶楽部
トップページ > 邂逅倶楽部> 達谷窟・サハラガラスパーク
達谷窟・サハラガラスパーク

達谷窟

延暦20年(801)、征夷大将軍であった坂上田村麻呂が、ここを拠点としていた蝦夷を討伐記念に立てた達谷窟飛車問答。
達谷西光寺境内の西側には、その下方の岩屋に懸造の毘沙門堂があります。さらに、その西側の岸壁上部には大日如来あるいは阿弥陀尿来といわれる大きな磨崖仏がきざまれています。

サハラガラスパーク

世界の工芸品10,000展を展示販売しています。またガラスの宙吹きガラス工芸体験コーナーもあり、自分だけのオリジナル製品を造ることも出来ます。
 

 

岩手県公安委員会指定「平泉ドライビング・スクール」